• 幼児教育の必要性について

    • 幼児期は、脳が著しく成長して言語や動きなどが発達する時期であり、情緒の発達、運動神経の発達と人間としての基本的な事を一番様々な事を吸収する時期でもあります。
      この時期に経験することでその後の人生、人格形成に大きな影響を与えると言っても過言ではありません。
      ですから幼児教育と言うのはとても大切なことなのです。


      小学校に上がる前までの幼児期は、保護者と過ごすことが多いものです。

      親や兄弟、その他の家族からの愛情をたくさん受けることで、承認欲求が満たされ、外の世界へと出ることができます。



      観るもの、触るもの、感じるものをたくさん受けることで、それが更なる先への発展力、想像力が培われます。

      外に出る、他人と触れ合うことで、5感が刺激され脳や精神、身体能力の向上が促されることに結びつきます。幼児教育は、経験させることから始まり、考えさせる、判断力を付ける、協調性を身につける、社会的ルールを覚えるなど就学するための基礎的なことをしっかりと体に身につけさせることができます。また、その子の持つ潜在能力の発見、その能力の向上など、経験させる中から特性を見出し、それを体感させることで成功体験をし、自信を感じさせることも成長には大きな影響力があります。

      お勧めの赤ちゃんが泣きやむの情報を掲載しませんか。

      幼児教育は体を使って遊び、学び、考え、経験することは豊かな感性を培い、良い人生を送れるようになる土台作りになるものです。
      そういった場を提供する社会、それを体感させる機会を作る保護者など、大人たちの努力も子どもの成長には必要なのです。

      T-SITEの情報を求める人におすすめです。

  • 人に言いたい教育

    • 幼児教育が子どもを大きくする

      子どもは大人が思っている以上に様々なことを学んで吸収しています。言葉を教えたわけではないのに、パパやママが話している様子から言葉を学んだり、周りの人々の表情や態度などから良い事と悪い事を学んだりします。...

  • みんなの常識

    • 幼児教育には沢山のメリットが

      幼児教育は0歳からはじめることができますが、あまりにも早い時期から習い事をさせると子供に悪影響があるのでは、必要ないのではと思う方も多いと思います。確かに色眼鏡で見る方も多いと思いますが確実なメリットは有ります。...

  • 教育について情報・教育をもっと知る

    • 幼児教育で礼儀なども教えよう

      幼い子供に教育と言うと、まだ早いのではないかと思う人もいるかもしれませんが、幼い頃の方がいろいろなことを吸収しやすいので、早く始めましょう。絶対音感に関しては、3歳までであれば誰にでも身につけることができると言われています。...

    • 幼児教育では運動を積極的に

      最近の子供は運動能力が低下していると言われています。昔に比べ、外に出て遊ぶ機会が減っているとも言われます。...